沿革

株式会社ハネックス 日本ゼニスパイプ株式会社 羽田コンクリート工業株式会社
1924 仙波 虎五郎 個人経営で創業 
1934 株式会社羽田コンクリート工業所に改組
1935 ヒューム管の製造販売を業として神戸市苅藻島町に日本ゼニスパイプ株式会社を設立 羽田コンクリート工業株式会社に改称
1937 東京府南多摩郡日野町(現 日野市)に日野工場を開設
1940 本店を東京都に移転 静岡県磐田郡野部村(現 磐田市)に静岡工場を開設
1941 ヒューム管並びにコンクリート2次製品製造販売を業として東京都多摩郡日野町に羽田ヒューム管株式会社を設立 日野工場を分離
1945 埼玉県熊谷市に熊谷工場を設置
1948 東京都北多摩郡多磨村(現府中市)に東京工場を開設
1949 千葉工場を設置
1952 建設大臣登録(ロ)第2832号を取得
1957 名古屋営業所開設 小坂井工場を設置 長野県南安曇郡豊科町に長野工場を開設
1958 三重県桑名市に桑名工場を設置
大阪営業所開設
1959 東京証券取引所店頭に公開 神奈川県足柄郡山北町に山北工場を開設
1961 東京証券取引所市場第2部へ上場 茨城県結城市に結城工場を開設
1963 兵庫県加古川市に加古川工場を設置 株式を東京店頭市場に公開
1971 兵庫工場を設置
1972 山形県長井市に長井工場を開設
1973 長井工場を分離、山形ハネダコンクリート(株)を設立
1974 建設大臣許可(特-49)第5166号を取得 栃木県小山市に小山工場を開設
1975 ボックスカルバート製造販売開始
1980 ユニホール製造販売開始
1981 セミシールドパイプ製造販売開始
ユニホール製造販売開始
1982 浸透管製造開始
1983 全国ユニホール工業会設立
1984 建設大臣許可(般-59)第5166号を取得 ザ・ウォールを開発 建設大臣認定取得
1985 本社を東京都新宿区西新宿1-22-2に移転
1988 株式会社ウイセラ(旧ウイング・ハイセラ)を買収し子会社化
1989 エスホール製造販売開始
1992 株式会社ハネックス・ロード(旧エポ)を買収し子会社化 ザ・ウォールII 建設大臣認定取得
1993 フランスよりモジュラーチ技術導入
1994 落石防護柵等の防災事業開始
2001 静岡県袋井市に静岡工場を設置
社名を株式会社ハネックスに変更
スパンザウォールを開発
2002 日野工場を熊谷工場へ統合
2003 SJ-BOX製造販売開始 東京工場を閉鎖
落差マンホールを開発
2004 ISO9001 認証取得
・本社、東部営業本部
・中部、西部営業本部
・熊谷工場、桑名工場
・加古川工場、RFID事業部
ジャスダック証券取引所に株式を上場
2005 山梨県南アルプス市に山梨工場を設置
山梨営業所開設
2006 北関東営業所開設
北関コンクリート工業株式会社を買収し子会社化
2008 加古川工場を廃止し兵庫県加東市に兵庫工場を設置 ISO9001認証取得(結城工場ほか)
2009 (株)ハネックスと日本ゼニスパイプ(株)との間で経営統合を視野に入れた包括的業務提携合意
2011 ゼニス羽田株式会社(現商号:ゼニス羽田ホールディングス株式会社)を設立
日本ゼニスパイプ小坂井工場を廃止し、ハネックス桑名工場に統合
2012 羽田コンクリート工業(株)と株式交換契約を締結
山形ハネダコンクリート(株)を東北羽田コンクリート(株)に社名変更
2013 本社を東京都千代田区麹町五丁目7番地2に移転
兵庫工場の生産停止し、日本ゼニスパイプ株式会社兵庫工場に生産を移管
2014 ・4月1日 3社合併・商号変更し「ゼニス羽田株式会社」発足
・7月1日 持株会社「ゼニス羽田株式会社」を「ゼニス羽田ホールディングス株式会社」に商号変更