スノーロックフェンス

印刷する

概要

雪崩予防・落石防護 兼用柵

スノーロックフェンスは斜面における雪崩予防対策工として設置し、その柔構造である特長を活かして落石も捕捉することができる雪崩予防・落石防護兼用柵です。全方位に対して傾倒・旋回自在に立設した支柱,ワイヤロープ構成で追随性の高いネットパネルなどフレキシブルな部材で構成されています。

外部リンク:いさぼうネット

認定

NETIS登録番号 KT-130055-A

特長

■ 防護柵面全体で荷重を受けフレキシブルな部材を介して全体に分散
■ 規格化された3タイプのラインナップから選択、すぐれたコストパフォーマンス
■ 積雪は5m程度、落石は100kJまで対応可能
■ ネットより谷側に配置した支柱で積雪による曲げや落石の直撃を回避
■ 支柱基部の半球状ベースによって地形に応じた設置と同時に、作用荷重に対する自動調整・バランス機能を有する
■ 国土交通省新技術提供システム(NETIS)登録番号 KT-130055-A

性能と規格

スノーロックフェンスの仕様と性能は以下の通りです。現場条件に応じた最適な規格が選択可能です。

製品写真

※画像をクリックすると拡大します。

お問い合わせ

製品内容・施工方法・積算価格に関するお問い合わせ、設計・施工・積算要領等の各種資料請求はお気軽にご相談ください。

03-3556-0466 ゼニス羽田株式会社 防災事業部