スパンザアーチ

印刷する

概要

部材構成は、アーチ頂版部材を2ピース、アーチ側壁部材を2ピースによる4分割で、底版は現場内コンクリートを打設します。また、アーチ側壁部材は自立する構造です。

特長

■ 部材間の継手はPC継手及び機械式継手をそれぞれ適所に使用して、剛結合としています。
■ 応力が特に集中するアーチ基礎は、L 型(脚付)の一体構造とし、接合面を設けない工夫をしました。
■ 施工スピードの向上を図るため1ピースの幅を最大2mにしました。
■ 標準ブロック10リング毎に縦締め緊張を行うことにより安定性の向上を図りました。

製品写真

※画像をクリックすると拡大します。

関連製品