ハイパーリフト工法

印刷する

概要

ハイパーリフト工法は、トラッククレーン等でコンクリート製品の据付けが困難な(建物が近接している等)狭い箇所や高架下、電線下等での施工を可能にし、従来の横引き工法に比べ施工性、経済性に優れた工法です。

特長

■ 建物の近接箇所や道路狭窄部等でトラッククレーンの設置が困難な場所でも運搬・据付けが可能です。
■ 運搬機の前・後輪がそれぞれ独立して駆動するため、従来の横引き工法に比べ急曲線・折れ点部での施工性に優れています。
■ コンクリート製品と仮設とのクリアランスが100mmで施工が可能なため、仮設工および土工が縮減でき経済的になります。
■ コンクリート製品の頂版部を持ち上げて搬送するため、製品に特別な加工は一切必要ありません。

施工写真