ループフェンス

印刷する

概要

高エネルギー吸収型落石防護柵

大きなエネルギー吸収しようとすれば防護柵の変位を大きく許容しなければなりません。しかし、これでは防護柵の設置位置が大きく制限されてしまいます。
高エネルギー吸収型落石防護柵ループフェンスは、大きなエネルギー吸収能力を持ちながら落石補足時の変位が小さい変位制御型落石防護柵です。

関連製品:ループフェンス・Eタイプ(崩壊土砂防止柵)

外部リンク:いさぼうネット

認定

NETIS登録番号 SK-020001-VE (活用促進技術)<掲載期間終了>

特長

■ シンプルな構造でありながら大きなエネルギー吸収が可能
■ ワイヤロープをループ状に配置したことで落石補足時の変位量を制御
■ 特殊バネ鋼を用いた緩衝装置はトルク管理が不要
■ 各スパンが独立した構造のためメンテナンスが容易
■ 現場条件に合わせて様々な基礎形状を選択可能
■ 国土交通省新技術提供システム(NETIS)登録番号 SK-020001-V (少実績優良技術)

納入実績

全国地方自治体

製品写真

※画像をクリックすると拡大します。

施工実績ページにも掲載しています。

お問い合わせ

製品内容・施工方法・積算価格に関するお問い合わせ、設計・施工・積算要領等の各種資料請求はお気軽にご相談ください。

03-3556-0466 ゼニス羽田株式会社 防災事業部