ループフェンス・Eタイプ(構造と特徴)

印刷する

構造と特徴

全体構造

1. 支柱

鋼管内に鉄筋を配置し、コンクリートを充填し固化させた複合部材「コンクリート充填鋼管」です。このように製造した支柱は、鋼管の耐力低下の原因となる局部座屈を防ぐとともに、鋼管による拘束力がコンクリートに3軸応力状態を形成させ、また引張側鉄筋の効果から全体の耐力および靭性の上昇をもたらします。

loop18

現場状況に応じて2分割での製造も可能です。

loope_shichuu

2. ケーブル接続金具

ケーブル接続金具は周回してループを形成するメインケーブルの先端同士を接続する部品です。施工時はレバーブロックや張線器と併用することで、メインケーブルを容易に張設することが出来ます。

loope_cable

 

3. ディスタンスキーパー

ディスタンスキーパーはメインケーブル(ワイヤロープ)の間隔を保持する部品です。チェーン部を構成する個々のリンクは、メインケーブルのピッチに合う寸法で規則的に配列されています。

loope_distance

お問い合わせ

製品内容・施工方法・積算価格に関するお問い合わせ、設計・施工・積算要領等の各種資料請求はお気軽にご相談ください。

03-3556-0466 ゼニス羽田株式会社 防災事業部