ロックバリア

印刷する

概要

高エネルギー吸収型落石防護柵

エネルギー吸収型の落石防護柵は落石衝突時には大きな変形を伴いエネルギーを吸収する構造の防護柵が大多数を占めるため、落石補足後には各材料の取替メンテナンスが必要となります。
ロックバリアは支柱の変形によるエネルギー吸収を期待しておらず、支柱に直接落石が直撃しない限り支柱の交換は不要です。万が一、交換が必要な場合においても支柱はアンカー基礎から独立した構造であるため簡単に交換が可能です。

外部リンク:いさぼうネット

認定

NETIS登録番号 KT-150044-A

特長

■ 軽量で施工性に優れる支柱ユニットを採用
■ 選べるネット材料(高強度ひし形金網又は特殊繊維ネット)
■ 部材がシンプルで軽量なため組立が容易
■ 実物実験で300KJまで性能確認済み
■ 国土交通省新技術提供システム(NETIS) 登録番号 KT-150044-A

規格と性能

ロックバリアのタイプ毎の吸収可能エネルギー及び仕様は以下の通りです。100~300KJの範囲で現場条件に応じた最適な規格が選択可能です。

製品写真

画像をクリックすると拡大します。

お問い合わせ

製品内容・施工方法・積算価格に関するお問い合わせ、設計・施工・積算要領等の各種資料請求はお気軽にご相談ください。

03-3556-0466 ゼニス羽田株式会社 防災事業部