組立式超大口径推進管

印刷する

概要

これまでは、建設する管路の口径が3mを超えると推進用ヒューム管では運送が困難となり、その施工延長に関わらず、シールド工法が採用されてきました。しかし、推進管を分割して製造し、現場で組立することができれば、口径3.5m~5mの管路を推進工法により建設することが可能となります。

当社では、この方式による「組立式超大口径推進管」の開発に世界で初めて成功しました。 都市部における大雨洪水対策用として注目を集めており、平成17年9月には横浜市発注の雨水幹線に口径3500mm管を納入しました。

特長

■ 分割して運搬、施工現場で組立
道路交通法をクリアし,3000ミリを超える推進管の提供が可能になりました。

■ コッター継手により施工性が向上
管の接合作業が容易に行えます。

■ RC構造なので取付管の施工が可能
接合面を局部的に締結しているので,その他の部位の削孔・加工が行えます。

製品写真

管の種類

関連製品