補修工事

印刷する

農業水利施設をはじめとする社会資本ストックの長寿命化を図り、そのライフサイクルコストを低減する補修工法です。

AS モルタル工法

高炉スラグ系再乳化型粉末アクリルポリマーセメントモルタルを塗布することで、摩耗や塩害・凍害等により劣化損傷した構造物の機能を回復します。

AS フォーム工法

プレス成形によるレジンコンクリート製埋設型枠材で、構造物の表面保護材として適用することにより構造物の耐久性が向上し、ライフサイクルコストの低減を図ることができます。

セルフシーリング工法

台形状の中空シール材を矩形状に変形させ、目地溝に装填・拘束することで変形代と反発復元力を内蔵し、優れた変形追従性と止水性を発揮します。

HS ウレア工法

高度な技術で開発されたスプレー技術を使い、ポリウレア樹脂をコンクリート表面が劣化した構造物に吹き付けることで強固な被膜を瞬時に形成させる瞬間硬化型ライニング補修工法です。

ダクタルパネルライニング工法

超高強度繊維補強コンクリート(ダクタル)を用いた高耐久性薄肉埋設パネルを劣化したコンクリート構造物に適用することで、構造物の長寿命化と維持管理費の縮減を実現します。

3S セグメント工法

透明で軽いプラスチック製セグメントを人力で搬入、管内で搬送し、ボルト・ナットで組立て、躯体との隙間に専用の充填材を注入することで一体化した複合管を構築し、老朽化した管渠(円形、矩形など)を更生します。

J-Ⅱ工法(簡易目地補修工法)

水硬性ゴム弾性塗膜防止材を用いたコンクリート水路目地補修工法です。塗膜防水材は耐摩耗性と伸縮性に富み、目地部の動きに追従します。