道路用L型擁壁(逆L型Vタッチウォール)

印刷する

逆L型Vタッチウォール(道路用)

逆L型Vタッチウォール(道路用)は、主に道路土工における逆L 型擁壁として使用できます。逆L 型擁壁は、高低差のある土地を有効利用する際に隣地境界が擁壁背面にあり、擁壁背面にかかと版を出すことができない場合に用いられる片持ばり式擁壁です。底版幅を調整することによって、道路だけでなく宅地や調整池の擁壁としても対応可能です。

特長

■ 準拠指針「道路土工 擁壁工指針(平成24 年度版)」日本道路協会
■ シンプルな形状のため設計の自由度が高く、施工性に優れています。
  標準規格外の場合は個別に検討し、底版を伸ばすことが可能です。
■ 道路勾配で擁壁天端(頭部)を斜切にした場合でも、擁壁天端にフェンス
  または防護柵基礎を取り付けることができます。

設計条件

形状寸法

形状寸法は下記pdfをご覧ください。

逆L型Vタッチウォール(道路用)形状寸法(pdf:316KB)