雨水貯留槽式災害用トイレ

印刷する

概要

雨水貯留槽式災害用トイレ

災害時には平常時に使用するトイレとは異なり、非水洗式が多く特に女性や子供たちからは衛生上の観点から使いにくいとの声が多く聞かれます。災害時においても被災者は、『平常時とはいかないまでも衛生的なトイレを使いたい』と望んでいます。

しかし、災害時に衛生的な水洗トイレを実現させるには、大量な水の備蓄と大容量の一時貯留が可能な便槽が必要となります。
雨水貯留槽式災害用トイレは、簡易水洗に必要な水を蓄える貯水槽と便槽を一体とし、可能な限り平常時の使用状態を望む被災者の声に耳を傾けた災害時用トイレシステムです。

特長

1. 雨水を貯める貯水槽を併設
貯水槽(水洗用)の水は、雨水を取り入れ貯水します。雨水を取り入れることにより、貯水槽内の水を常に満たし、そして新しい水に入れ替えができるので腐敗を抑制できます。

2. 下水道復旧まで汚水を溜める大容量便槽
ボックス構造の便槽は、大容量の貯留空間を確保しているため下水道復旧までは貯留が可能な便槽となります。下水道復旧後は排出ゲートの開閉操作により、汚水を下水道に排出できます。

3. 槽本体は耐震性に優れたゴムリング継手SJ-BOX を採用
各部材同士は、耐震レベル2まで対応可能な耐震ゴムリング継手構造により接続していますので、被災により使用不能にはなりません。

関連製品