COMPASS工法

印刷する

概要

道路あるいは線路の下に非開削で、横断構造物を安全に、早く構築するために開発された工法です。

本工法は従来の工法に比べ防護工を簡略化しており、トンネル外周の地山を地盤切削ワイヤで切削後、直ちに鋼板を挿入し、箱形に囲うことで上部交通の防護を行います。

その後、スライド刃口により内部を掘削し、プレキャストボックスカルバートを施設して函体を構築します。

特長

■簡易な防護鋼板の先行挿入
事前に地山に防護鋼板を挿入しておくことで、鋼板で囲まれた内部での掘削となることから、陥没などの危険がなく安全な掘削が可能です。

■適用土質が幅広く安全な地盤切削
先行して切削ワイヤで地山切削溝を形成し、鋼板を挿入するため、対象の土質を制限しません。また、俳土もないため、地表面の変位を極めて少なくすることが可能です。

■安全な内部掘削
スライド刃口を使用することで、切羽の安定を確保しながら掘削できます。また、スライド刃口の上部に取り付けられた「高さ調整ローラ」で上載荷重に合わせて防護鋼版を保持することで、地表面の変位を抑えることができます。このため、自動車や列車などを運行させながら施工が可能です。

■施工管理のシステム化
鋼板挿入時の主プーリ圧、テンション圧およびけん引速度の自動計測により切削状況をリアルタイムに集中監視・制御するので、最適な管理で安全な施工を行うことができます。

施工イメージ

COMPASSbougobann

防護鋼板挿入

COMPASSnaibukuxtusaku

ボックスカルバート取り付け、掘進

compasskouzoukeisikiRC

 

 

製品写真

関連製品