MJネット

印刷する

概要

超高エネルギー吸収型落石防護柵

MJネットは侵入する潜水艦を捕獲する目的で第二次世界対戦中に海中で利用された特殊ワイヤリング(ASMネット)に、新たに効率的にエネルギーを吸収するブレーキシステムや、挿通孔を有しコンクリート基礎を必要としない支柱を開発し組合せることにより、落石エネルギー3000KJまで対応可能な世界でも最大級の落石防護柵です。

外部リンク:いさぼうネット

認定

NETIS登録番号 SK-010023-VE(活用促進技術)

特長

■ これまで対策が不可能と考えられていた落石エネルギーにも対応(150~3000KJ)
■ 支柱下部のコンクリート基礎が不要で施工が容易
■ フランスをはじめヨーロッパでの施工実績が豊富
■ スリムな形状は自然と調和
■ 落石エネルギーに対する費用は従来工法の中で最も安価
■ 国土交通省新技術提供システム(NETIS)登録番号 SK-010023-VE(活用促進技術)

納入実績

全国地方自治体

製品写真

※写真をクリックすると拡大します。

施工実績ページにも掲載しています。

お問い合わせ

製品内容・施工方法・積算価格に関するお問い合わせ、設計・施工・積算要領等の各種資料請求はお気軽にご相談ください。

03-3556-0466 ゼニス羽田株式会社 防災事業部