SJ-BOX(柔構造樋管)

印刷する

柔構造樋管

詳しくは、プレゼンテーション(pdf)をご覧ください。

SJ-BOX柔構造樋門_プレゼンテーション(pdf:216KB)

特長

■ 経済性抜群
従来工法(二次製品)と比較して、約30% のコストダウンが可能です。(直工費比較)

■ 可とう継手・PC 縦締工が不要です

■ 目地工は不要です

■ 施工性抜群!接続するだけ!
勾配のない受け挿し形状とゴムリングにより、自動的にBOXどうしのセンターが合います。

■ 個々の継手に可とう性
個々の継手に可とう性があるので、地盤と函体間の変位差(相対変位)が小さくなり、堤防内に空洞の発生が少なくなります。また、躯体縦方向の発生断面力も小さくなります。

従来の樋門との比較

・水密性能
標準位置及び許容抜け出し位置における内水圧試験(内水圧:0.15Mpa、3分間保持)で水密性能を確認しています。