新聞に雨水貯留槽式災害用トイレ「レスキュート」の記事が掲載されました

新聞(日刊建設産業新聞、日本下水道新聞)に雨水貯留槽式災害用トイレ「レスキュート」の記事が掲載されました。

レスキュートの現場見学研修会を開催し、災害時における稼働手順等について公開!

レスキュートは、雨水を取り入れ必要な水を蓄える貯水槽と便槽を一体とし、可能な限り平常時の使用状態を望む被災者の声に耳を傾けた災害時用トイレシステムです。

耐震性に優れたボックス構造の便槽は、大容量の貯留空間を確保しているため下水道復旧までは貯留が可能な便槽となります。下水道復旧後は排出ゲートの開閉操作により、汚水を下水道に排出でき、災害時においても快適なトイレ環境を長期間保てます。

レスキュートの製品詳細は こちら です。

 

日刊建設産業新聞 2019年12月3日(火) 2面

 

 

テキストのコピーはできません。